ラルース進学塾・教室内

ラルース進学塾は「中高一貫校生向け」の指導を念頭においていますが、数学については一貫校生か否かを問わず、更なる先取り学習をしたい方も多いものです。数学が好きな者は、まるでゲームを楽しむように数学を楽しみます。ラルース進学塾の見解としては(これが一般的に正しいと申し上げるつもりはありませんが)「英語については基本をしっかり反復演習して使える英語力を養う」ことで東大合格(更には大学合格後も使えるレベル)には必要十分であることから「英語は先取り学習よりは標準進度の中で、しっかり基礎適用力を養うことが大切」と考えています。それ故に、英語については「一貫校生であっても原則として標準進度で」授業を進めます。これで十分なのかと思われる方もおられるでしょうが、東京大学や難関医学部を志望される方でも標準進度で十分と思います。進度が標準ペースであるだけで、単語力や英作文力の要求水準は高いからです。

これに対して、数学は真逆だと考えます。もちろん、英語と同様に基本がしっかり出来ていることは前提です。しかし、難関受験数学において、基本をしっかりという「基本レベル」が非常に高度なものであるであるのは周知の事実でしょう。この理由として、「高校数学」と「大学数学」とのギャップが大きく、大学入学者が大学講義に付いて来られる最低限の素養があるかどうかを見る大学の入試基準が、高校数学レベルをどうしても越えざるを得ないという点があります。もちろん大学側もその溝が大きいことは了解しているため、「複雑な問題を解きほぐして基本問題に帰結させる」数学センスがあるかどうかという見地から受験生の資質を図って行かざるを得ません。それ故に、難関数学については英語と異なり「基本演習」だけで合格点を狙える問題は少なく、「分からない問題を如何に分析して既知の問題とリンクさせて展開できるか」という応用力が問われることになります。

この意味で、東大理科3類を筆頭とする難関理系学部を志望する者にとって、高校数学の基礎事項は「習得していて当然」であり、基礎習得するのは早い方が有利であることは否定できません。実際、首都圏の難関進学塾や最上位進学校は、数学について非常に速いペースで基礎演習を終えてきます。具体的には、標準進度の中学3年間で取得する事項を中学1年で習得し、高校1年で高校履修範囲を習得し終えます。その後の2年間で、大学過去問等の実戦演習を重ねて、志望校合格に必要十分な学力を確実に養成していくのです。もちろん、県立高校からも東大理科3類の現役合格者は例年いますし、先取り学習が必須と申し上げるつもりはありませんが、その合格者も独自に対策演習していることは間違いありません。先取り学習できる素質があり、かつそれを望む者に対しては、その数学力に制限をかけることなく存分に解放させてあげると実力は驚くほど伸びるということを申し上げる次第です。

導入が長くなりましたが、そこでラルース進学塾は「数学好きで、得意でもある生徒」に対しては、その数学力を存分に解放させることを目的とする指導を行っています。例えば、数学ⅠA~ⅡBまでの数学基礎(青チャート総合演習問題が解ける程度)を中学1年~2年で履修し、その基礎事項を前提に「なぜそうなるのか?」を数学的にじっくり考えながら応用問題に取り組んでいる子もいます。もちろん、生徒の理解ペースと興味分野に合わせてカリキュラムや宿題メニューは提示していきますので、「どこまで先取りするか」は重要ではありません。ただ、中学受験で算数に興味を持っていた者においては、あらゆる図形の求積や様々な関数で事象を描写できるといった数学の面白さを少し投げかけるだけで、興味深く数学の世界に入ってきてくれます。数学は「森羅万象を記述できる(はずの)宇宙の言語である」という理解に至るにはまだ先でしょうが、「数学は面白い」と思ってくれれば、本人が自然と考えてくれるものです。

ラルース「特進指導」は高度な先取り学習という性質上、小学生と中学1年生まで(意欲あるなら中学2年生も可能)を念頭に置いていますが、高校生でも個別指導・家庭教師において集中的に指導していくことは可能です(実際におられます)。

数学に興味がある方は「先取り学習」してみると良いかもしれません。学習ノルマというものは一切ありませんので、楽しみながら深く考えていきましょう。ご興味がある方は、お気軽にお問合せ下さればと思います。

【追記:英語についても「ラルースEクラス」として開講する構想はあります。これは、東京大学の教養課程で使用されている英語テキスト等を用いて、ある程度の分量を速読多読し、かつ要約することで実戦的な英語力を養うことを企図しています。精読ではなく可能な限り辞書を使わずに大意を掴む演習を予定していますので、高校2年~が参加対象になると思います。「東大に入るための英語」ではなく、「東大に入ってから必要な英語」を射程とするので予習量は当然多くなりますが、真剣に取り組めば否応なく実力は付くでしょう。ゼミ方式にするのも良いかもしれません、その辺り開講希望等あればご意見下さればと思います】